横浜市青葉区コロナ発生状況データ(2020年8月19日時点)

最終更新日

COVID-19

2020年8月19日現在、横浜市青葉区のコロナ発生状況を紹介します。

今回紹介するデータは横浜市役所で紹介されているデータを参考にしているので、横浜市役所サイト内「横浜市内の陽性患者の発生状況データ」ページからも確認できます。

また、「横浜市内の陽性患者の発生状況データ」は随時更新されているので、8月19日以降のデータを確認したい方は、そちらのページをチェックしておくと良いでしょう。

 

横浜市全体のコロナ陽性患者状況

マスクをした女性

2020年8月19日時点、横浜市全体の陽性患者状況は以下の通りです。

陽性患者数1679人
無症状64人
軽症284人
中等症30人
重症4人
調査中3人
死亡49人
退院等1245人
参考:横浜市内の陽性患者の発生状況データ

 

横浜市青葉区のコロナ発生状況(8月14日時点)

ウィルス

青葉区でのコロナ発生人数は139人です。(※1)

横浜市全体で、100人超えをしている区は5区。

  • 鶴見区…129人
  • 中区…103人
  • 旭区…109人
  • 港北区…132人
  • 青葉区…139人

区別に見てみると、青葉区はコロナ発生状況トップです。

一番少ない区は、栄区で26人。

青葉区は8月15日に、日体大での感染も確認されているので、人数が多いのは、そちらも関係しているかもしれません。

日体大レスリング部で集団感染 新型コロナ

しかしそれでも人数はかなり多い方です。

青葉区の方は気を付けた方が良いかもしれません。

※1 横浜市内の陽性患者の発生状況データ

 

青葉区コロナの影響による中止イベントに関して

マスク

コロナの影響で中止になったイベントなどを紹介します。

イベントなども「横浜市青葉区」のページから確認できます。

  • 11月3日青葉区総合庁舎周辺で開催している「青葉区民まつり」中止
  • 11月25日~12月7日開催予定「青葉区民芸術祭作品展」中止
  • 11月29日開催予定「第7回青葉区民マラソン大会」開催中止

  

横浜市青葉区のコロナ相談

スマートフォン

コロナの心配や疑いがある場合の、相談先を紹介します。

コロナに関する特徴や予防方法などの相談は、横浜市新型コロナウイルス感染症コールセンターにご相談可能です。

電話番号045-550-5530
受付時間9:00~21:00

 

以下に当てはまる方は、「新型コロナウイルス感染症帰国者・接触者相談センター」に連絡してください。

  • 新型コロナウイルス感染症が疑われる方
  • その患者を診察した医療機関の方
  • 新型コロナウイルスの流行地域からの帰国者
  • 新型コロナウイルス感染症患者との接触歴のある方

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

引用元:新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口について(コールセンター) 横浜市
電話番号045-664-7761
受付時間9:00~21:00

 

また、夜中で緊急を要する場合は、夜間相談窓口で対応してくれます(日中は繋がりません)。

電話番号(青葉区専用)045-978-2323

 

区役所ページのチェックをお忘れなく

コロナウィルスに関する情報は、横浜市役所・青葉区役所のサイトからチェック可能です。

随時状況を確認したい方は、そちらをご覧いただいた方が良いです。

当サイトでもコロナに関して何かわかりましたら、随時更新していきます。

また、今回横浜市役所のサイトを参考にしておりますが、情報に関して誤りがございましたら、ご連絡・ご指摘頂けると幸いです。