田奈の住みやすさ5つを元田奈民が解説!総合点数70点

最終更新日

田園都市線、青葉台の隣にちょこっとある田奈駅。

田園都市線沿いに暮らしていると誰かに伝えても、「田奈駅」というと伝わらないことがほとんどです。

「青葉台」や「長津田」なら知られているものの、間の田奈駅は知られていません。

しかし……田奈は穴場スポット!

そこで、今回は田奈の住みやすさを元田奈民が解説します。

田奈では5年ほど暮らしていました。

実際に暮らしていた経験を元に、田奈の住みやすさを紹介します。

コチラの記事もおすすめ
田奈の穴場物件|徒歩5分・家賃4万以下※2020年7月調べ

   

田奈は住みやすいのか?住みにくいのか?

田奈が住みやすいのか住みにくいのか、まずは口コミから見ていきましょう。

まずは「住みやすい」という口コミ。

田奈駅で不便を感じる方は少ない印象です。

しかし、「不便」「住みにくい」という声もありました。

やはり、田奈を不便と感じる方もいました。

田奈を住みやすいと感じるかどうかは、住む方によって大きく異なるでしょう。

 

田奈の住みやすさを感じるポイント5つ

まずは、田奈の住みやすさを感じるポイントを紹介します。

田奈の良いポイントは5つです。

  • 家賃が安い
  • 丁度良い立地
  • のどか
  • アクセスが便利
  • 個人店が多い

筆者が暮らしていて感じたポイントは、以上の4つ。

それぞれ、実感した部分を解説します。

 

家賃が安い

田奈の一番のポイントと言っても過言ではありません。

田奈は家賃が安いです。

実際筆者も、家賃の安さで田奈に暮らし始めました。

当時暮らしていたのは、2LDK駅から徒歩1分で8万円。

調べてみると、1ルームで家賃4~5万円の部屋もあるようです。

同じ青葉区のなかでは、かなり穴場スポットといえます。

 

 

丁度良い立地

田奈に暮らして感じたのは、田奈の位置が丁度良い位置ということ。

長津田・青葉台・十日市場・成瀬・こどもの国など、どの方面も行きやすいです。

どこに行くにも、自転車で10分ほどで行けます。

実際筆者は、以下のような形で移動していました。

  • 長津田……かかりつけ医
  • 青葉台……買い物
  • 十日市場……当時のアルバイト先
  • 成瀬……現在の嫁の実家
  • こどもの国……散歩

色んな区を自転車で行き来できるのは、田奈の立地ならではでしょう。

 

のどか

田奈は、いわゆる田舎です。

田んぼに畑と、どこか懐かしい風景が広がっています。

ただ、その分とてものどかな雰囲気です。

夜も昼間も静かで、静かに暮らしたい人にはとてもおすすめ。

おじいちゃんおばあちゃんも多いので、人との交流も温かいです。

都心に近い場所で田舎暮らしをしたい人は、田奈は丁度良い場所でしょう。

コチラの記事もおすすめ
田奈に住んだら恩田川散歩がおすすめ

 

アクセスが便利

田奈は、交通の便も良いです。

各駅停車しか停まらない駅ではありますが、渋谷まで40分程度、町田まで15分程度で行けます。

筆者は、田奈に住み始めた当時、渋谷で働いていましたが、そこまでの不便さは感じませんでした。

むしろ渋谷からだと、各駅停車の方が空いているので、のんびり帰ってきたいときにはちょうど良かったです。

そもそも、田園都市線自体が便利な線なので、各駅停車でも、便利さは感じられるでしょう。

 

個人店が多い

田奈の意外なおすすめポイントは、個人店が多いことです。

大きいお店はないものの、個人店が多く、良いお店を見つけるのは楽しかったです。

通い続ければ、店員さんとも仲良くなれます。

人との交流・触れ合いが好きな方には、たまらない雰囲気でしょう。

 

 

田奈の住みにくいポイント3つ

田奈が100点満点で住みやすいか、と言われれば、決してそうではありませんでした。

田奈の住みにくいポイントは、3つです。

  • お店が少ない
  • 横浜と言いにくい
  • 坂道が多い

多少なりとも不便さは感じました。

栄えている街に住みたい方には、田奈は向いていないかもしれません。

 

お店が少ない

田奈の一番の住みにくいポイントは、お店が少ないことです。

とくに「遊ぶ」場所がありません。

スーパーはあるので、日用品には困りませんが、他にはコンビニと飲食店位です。

お隣の青葉台まで行けば、美容院にカラオケ、アパレルなどなど……さまざまなお店がありますが、田奈にはほとんどなく、いつもわざわざ青葉台まで行っていました。

とくに筆者が不便だと感じたのは、TSUTAYAさんです。

当時はよくDVDを借りていましたが、わざわざ借りるのと返すのに青葉台まで行くのは少し面倒でしたね……。

レンタル料金と青葉台までの交通費を考えると、割とバカにできない金額になります。

「遊ぶ」という観点では、まず田奈は向いていません。

 

横浜と言いにくい

暮らしにくいというよりは、気になってしまうポイントですが、田奈は「横浜に住んでる」と言いにくいです。

実際当時家に遊びに来た友人らは、「ここ横浜なんだ笑」というニュアンスでした。

横浜に住むからには、やはり「横浜ブランド」は、多少使いたいところですよね。

しかし、田奈では「横浜ブランド」を使いにくい……というより、言うのをためらってしまいます。

「お洒落な横浜で暮らしたい」と考えている方には、向いていないかもしれません。

 

坂道が多い

田奈は、丁度良い位置にあるのですが……その分坂道に囲まれています。

青葉台・長津田・十日市場、どこに行くにも坂道を越えなければいけません。

車があれば良いですが、自転車ではそうとう大変です。

また、この坂道が、決してなだらかではなく……結構急な坂道なので、かなり体力を使います。

それゆえ、自転車で行ける場所でも、ついつい電車を使ってしまうことも……。

車やバイク、電動自転車などを持っていないと、多少辛さを感じてしまうかもしれません。

 

 

田奈の暮らしやすさは70点

総合的に田奈の暮らしやすさを判断すると、70点です。

のんびりおだやかに暮らす分には文句なしですが、地元で遊びたい人には向いていません。

田奈の暮らしが向いているのは、以下のような方です。

  • 地元ではあまり遊ばない
  • 家は寝る場所
  • 田舎が好き
  • 家賃を抑えたい

筆者は、割と田舎暮らしが好きなので、田奈の暮らしに満足はしていました。

しかし、やはりお店の量は足りませんね……。

もう少し栄えてくれれば住みやすさ100点なのですが、惜しいところです。

ただ、近年田奈にはアパートが増えているので、田奈の人口は増えていると思われます。

家賃の安い穴場スポットでもあるので、田園都市線で安い家を探しているなら、田奈での暮らしを考えてみましょう。